プリスクール 東京・プレイグループ木場校-幼児英会話/英語リトミック/江東区

ふと思ったので、記録も含めて。小学生が受ける実用英検について。

  • 2017.11.17

何年ぶりでしょうか。ちょっとコラムを。

スクールマネージャーのKAZUYAです。

 

開校11年目にして、実は今年度、小学生のクラス(SAクラス)の担任をしています。

これまでも文法のパートのカリキュラムの開発や、英検コースの指導を一時的に受け持つことはありましたが、今年度は1年を通じてクラス担任を請け負っています。

指導しているのは文法のパートです。

当然、教材選びから指導方針における開発まで全て深く携わって、この一年、そして次年度以降を見据えてプログラムと生徒たちに向き合っています

直に生徒たちと触れ合えるというのは、本当にありがたいことです。

しっかりと力をつけてあげたいと同時に、一人一人の長所から伸ばしてあげたい思いでいっぱいです。

 

まぁ、今回はそんな情熱話がしたいのではなくて、英検について気に留めておきたいことを自分自身のメモとして書きたいと思います。

 

この11月からSAクラスでは英検コースが始まりました。

小学2年生の生徒が実用英検5級 、中には4級、そして3・4・5年生では4級、中には3級に挑んでいきます。

 

子ども達の一人一人の長所から英語力を伸ばしていこうと思ったとき、全員に個々が持っている本来の英語力を英検という一つの判定方法に対して発揮させるのは簡単な事ではありません。

 

今年度、英検コースに大きなテコ入れをしています。

子ども達の英語力自体は、全員が受験級に対して十分だと思っています。

なので、

全10回のコースで合格のための必勝法を指導するのではなく、生徒たちが今既に持っている英語力を英検という土俵で十分に発揮できる指導を行い、実力として定着させることと、今まで学んだことを少し応用する力、英検以外にも活用できる英語力・財産になる力に繋げることを目指して毎回のレッスンプランを組み立てています。

 

そうすると、英語力云々ではない、ちょっと悩ましい問題とぶつかってきます。

小学校低学年の子が実用英検を受ける際の一つのハードルになる例かなと思うので紹介します。

 

 

たとえばこんな会話です

 

A「ピアノのレッスンって、毎週あるの?」

B 「                   」「すごく好きなんだ!」

この虫食いに対して

1わたし、弾けるんだよ
2だいたい、二ヶ月くらいね
3うん、火曜日ね
4いえ。私じゃないの。

 

「4」が違うのは解りますよね。

 

尋ねられていることに正しく答えるなら
正解は「3」です。

もちろん「3」が正解なんです。

英語がわかる大人ならはまず間違えません。

 

でも、その間違えない大人と同じ英語力を持っていても

子ども達との日常会話を思い描くと、

仲の良いお友達のお母さんから聞かれているシュチュエーションを思い描くと

 

●ピアノレッスンの事を聞くと

なんせピアノが好きな子はきっと「1」って答える

A「ピアノのレッスンって、毎週あるの?」

B 「わたし、弾けるんだよ」「すごく好きなんだ!」

子ども達にとって、「1」って答える事にあまり違和感がないんです
ねぇ、聞いて!私ピアノ弾けるんだよ!って感じです。

 

●習い事が忙しくて予定を常に気にしてる子は

「2」って答えちゃう。

A「ピアノのレッスンって、毎週あるの?」

B 「だいたい、二ヶ月くらいね」「すごく好きなんだ!」

先の事を考えて行動する力のある子なら、「うん2か月の間だけね」
って読み解いてしまう可能性もあります。

 

 

指導の際は、「Aさんは何を聞いてるの?」

この一言を渡して考える時間をあげます。

時間をあげる理由は当然、力をつけるため。

1や2と答えた生徒は、

「ピアノのレッスンについて」とか
「ピアノのレッスンの予定について」

って答えるかもしれません。

でも、every week に着目させてみたり、(当然 every week はみんな分かってます。)

それでもだめなら、「毎週あるかどうかだよね?」

で解決します。

 

 

当然、子どもたち全員がこのような誤解をするわけでもないです。

でも、全部の英語を理解していても、間違える可能性がある問題。

つまり、英語力は伴っていても、間違える可能性がある問題。

 

そんな問題にも挑んでるのです。

 

英検の点数だけが子どもたちの英語力を図る術ではないという事を改めて気づかされる問題。

問題慣れをさせてあげる事。これは英検コースの大切なパートの一つです。

まさにその日の、その瞬間が宝物になります。

  • 2016.05.18

この春、4月からプリスクールに通い始めた子ども達。

 

週2回、

同じメンバーで、

同じ先生達と一緒に

同じ時間を

過ごしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

この写真は朝たっぷり遊んだ後、

みんなでのクリーンナップをした後のひと幕です。

 

毎回、朝泣きながら通ってきていた子ども達が

今ではこんな笑顔で過ごしているんですよ。

 

通い始めてまだ一か月足らずしか経っていない事に

驚かされている私達です。

 

この日はひとりひとりが使ったおもちゃを

一生懸命クリーンナップできるようになった

“まさにその日”なのです。

 

「Thank you for cleaning up. Good job everybody!!」

と声をかけられ、なんか勝手にソファーにみんなが集まりだし、

子ども達は達成感に満ち溢れた笑顔を見せてくれました。

 

私達にとって子ども達の笑顔は何よりの宝物なのです!!

 

子ども達がそれぞれに自分のやりたいことをどんどん試して、

たくさんたくさん探求し遊んだ後であり、

次にどんな事が始まるかをイメージできるようになってきたから、

クリーンナップに積極性と充実感が湧いてくるんですね。

 

それは教室のデイリープランを体得してきた証しでもあります。

 

勿論、まだまだ一人ではできませんよ。

 

おもちゃを、どこにどうやって片付けるのかを

ひとつずつゆっくりと一緒にやりながら、

少しづつ覚えている真っ最中なんですが、

少しづついろんな事ができるようになってきているのです。

 

時にはお友達が泣いているのをみて

「Mommy coming‼」

とお友達を励ましている場面のあったり。

本当子どもの成長って無限ですね。

 

これからがもっと楽しみです。

 

CHIE

 

 

教室の近況など、最新情報をゲット!

Facebookユーザーなら、「いいね!」ボタンを押すだけ!
プレイグループ木場校 facebook ページは コチラから

なんとも、すごくうれしかったこと。

  • 2011.11.20

メールを流しました。

このWEBサイトでも掲示のとおり、11月21日より2012年度生の募集受け付けを開始します。
過去にお問い合わせいただいていた方は、あくまで2011年度入会検討者として管理されています。

「来年の4月からは確実に」と言う方はこのタイミングで改めてお問合わせを頂く必要があります。

実は本日11月20日、以前よりWEBサイトからお問合わせを頂いていたにも拘らず、
座席の都合上体験にご案内できていない方々に、その旨をメールでお知らせしました。

ずいぶんと待って頂いているかたも少なくない中、数名の方から、
「連絡をくれて有難う」と言う旨の返信を頂きました。

空席が発生次第、お問合わせを頂いた順に体験へのご案内のご連絡を差し上げていますが、
時に、「勧誘の電話はやめてください」と言われる事もあります。

正直、こういう時はとても凹みます。。
お待たせしすぎたのが原因でしょうが、順番をコチラの気分で飛ばしてしまうことはできません。

今回メールをお送りする事も正直悩みました。

しかし、当教室に足を運ぶ事を、楽しみに待っていてくれている方がいらっしゃると言う事が
あらためて実感できました。

今回のメールを迷惑に感じられた方も少なからずいらっしゃるかと存じますが、
どうか気を悪くなさらずに受け止めて頂ければと存じます。

また、温かいご返信を送ってくださった皆様、有難うございました。

明日は、お電話がなかなか繋がらない事が予想されますが、
お会いできる日を楽しみにしています。お電話をおっ待ちしています!

【サンクスギビング】にちなんで「6つのこ食」のお話

  • 2010.11.12


「6つのこ食」のお話


ケアギバーのHITOMIです。

サンクスギビングにちなみ、私から「6つのこ食」のお話しをしたいと思います。

「6つのこ食」とは乱れた食生活を表す言葉です。
思いあたる事があれば是非見直してみて下さい。


●「孤食」


一人で食べる事です。好き嫌いを注意してくれる人がいないので栄養が偏ったり、コミュニケーションが欠如し、社会性や協調性のない人間に育ってしまう恐れがあります。


●「個食」


家族がそれぞれ好きなメニューを食べる事です。栄養が偏ったり、好き嫌いが増えてしまいます。また協調性のないわがままな性格になります。


●「固食」


同じものしか食べない事です。栄養が偏るのはもちろん、キレやすい、わがままな性格になったり、生活習慣病を引き起こしたりします。


●「小食」


少しの量しか食べない事です。小食が続くと発育に必要な栄養がたりなくなり無気力な子どもになります。


●「粉食」


パン、ピザ、パスタなど、粉を使った主食ばかりを食べる事です。米食よりカロリーも高く、おかずも脂肪が多いものになりがちです。


●「濃食」


濃い味つけのものを食べる事です。塩分や糖分が多く、味覚が鈍ってしまいます。


いかがですか?


食育とは、栄養バランスを気にするだけではなく、人格を形成する上でもとても重要な教育の場でもあります。

教室でも通年にわたりランチタイムには食育に取り組んでいます。

【プリスクールコラム】母子分離が不安なママへ。

  • 2010.08.23

体験にいらしたお母様が特に不安視されるのが母子分離

コラム2
>>>コラム一覧はコチラ

 

お問い合わせをいただいたときや、実際に体験にいらした際、
お話していて特にお母様が不安視されるのが母子分離。

 

また、「主人に母子分離は早すぎる!といわれて・・・」
という言葉もよくききます。

 

当然のことでしょう。なんせ生まれてまだ2年です。

 

しかし、私たちの教室は1才半~2才で母子分離のクラスがご用意されています。
また、座席ももっとも多く用意されています。

 

なぜ「1才半から」母子分離なのでしょう? >>>詳細は以下から。

母子分離が不安なお母様ご参考にしてください。

(さらに…)

初めての母子分離。「全く「母子分離」のプリのことは考えていませんでした」先輩ママからメッセージ

  • 2010.08.20

全く「母子分離」のプリのことは考えもしていませんでした。


M&Mクラスに親子で通っていた年の年度末。
4月からのことを考えていた時、私は全く「母子分離」のプリのことは
考えもしていませんでした。

当然のように、母子一緒のMMのクラスをもう1年、
と考えていた時に先生にプリを勧められました。
(さらに…)

初めての母子分離。「2時間程の一時保育に預けても、いつも泣きっぱなしの娘」先輩ママからメッセージ

  • 2010.08.20

いつも泣きっぱなしの娘だったので、4時間も大丈夫なのかと、とても心配


M&Mクラスに1年通った後はPREにと考えていたので、
PREPREクラスの新設にはとても興味がありました。

ただ、2時間程の一時保育に預けても、いつも泣きっぱなしの娘だったので、
4時間も大丈夫なのかと、とても心配でした。


PREPREクラスに入ることで娘にとってマイナスなことはありますか?


「PREPREクラスに入ることで娘にとってマイナスなことはありますか?」と先生に尋ねたところ

(さらに…)

初めての母子分離。「先生やまわりのお友達と仲良くできるだろうか。。」先輩ママからメッセージ

  • 2010.08.20

母子分離を検討した時は。。。


*心境・・・


MMクラスでは私がいることで甘えでレッスンに参加しなくなっていました。
そこでそろそろ分離したほうがいいのかなと思いはじめていました。


*心配事・・・


ちゃんと先生やまわりのお友達と仲良くできるだろうか。


*悩み・・・


親子クラスでは私がいて、怒ると奇声をあげたり大声をだしたりしていたので
クラスに迷惑をかけるんじゃないかと思った。


*期待・・・


私から離れて、先生やお友達という、また別の世界で楽しんで遊ぶことを学んでほしい。



実際に預けてみて、


(さらに…)

PAGETOP