プリスクール 東京・プレイグループ木場校-幼児英会話/英語リトミック/江東区

【プリスクールコラム】 2010年度用 の テーブルクロスが良さげな 話

  • 2010.02.26

あの、テーブルクロスとお弁当袋は木場校の現場講師が本気で開発しています。

lunch bag3

事の発端は、木場校の食育アドバイザーHITOMI先生の誕生から始まります。

>>>その前に、コラム一覧はコチラ

食を通じて学べることをもっと大事にして、
ランチの時間をもっと価値ある時間にしていきたいと言う願いから生まれたお弁当セット。

プリスクールのデイリープラン(一日のスケジュール)の中でそのど真ん中にくるのがランチタイム。

その時間をより有意義に。

2009年度からオリジナルお弁当セットは導入しましたが、今回、さらなる改良が加えられ、
2010年度版は更に、更に!ナイスな仕上がりです。

教育の現場よりお伝えします。詳細は以下より。



自分でお弁当の準備をする。食べたら自分で片付ける。片付けてから遊ぶ

2月19日に行われたスタッフミーティングでプロトタイプがお目見え改良点を皆で確認。全員が大絶賛。

2月19日に行われたスタッフミーティングでプロトタイプが初お目見え。改良点を皆で確認。全員が大絶賛。ん~いい仕上がりです!



ランチの時間に学べることは実は沢山あります。
すべてを書くと長く深くなってしまうので今回は特に深く書きませんが、
その内の3つをこのお弁当セットは達成してくれます。

1,自分でお弁当の準備をする。
2,食べたら自分で片付ける。
3,片付けてから遊ぶ


実はこの3つだけでも出来るようになると、子供達はとても自信がついてきます。

そこで、各項目ごとに注意点。


1,自分でお弁当の準備をする。


プリスクールクラスの講師全員の願いの一つに「自信を持った子を幼稚園に送り出す」
と言うのがあります。

幼稚園に行ってもお弁当の時間に自分で準備が出来る事がどれだけその子の支えになり、
自尊心を育ててくれるでしょうか。

実は、非常に大切な要素です。3月27日に2010年度のプリスクール生保護者会でより詳しく
説明しますが、お弁当袋の紐の結き方、お弁当箱のしまい方に少しの気配りがあれば、
子供達は自分で出来るようになります。

保護者の皆様。教室が提唱する方法を、是非、忠実に実践して下さい。


2,食べたら自分で片付ける。


片付けるには、当初どのようにしまわれていたかが極めて重要です。

重複しますが、保護者の皆様。お弁当袋の紐の結き方、
お弁当箱フォークスプーンのしまい方は、
教室が提唱する方法を、是非、忠実に実践して下さい。


3,片付けてから遊ぶ。


実は、こども達はちゃんと教えてあげれば、
きちんと片付けてから遊べるようになります。

しかし、フォークとスプーンのケースの蓋が閉めにくかったりすると、
それを諦めてしまうんです。

なんせ、まだ2歳3歳です。あのスライド式のケースはハードルが高すぎます。
そこで、開発されたのがこのセットです。くどいようですが、、、、、、

保護者の皆様。お弁当袋の紐の結き方、
お弁当箱フォークスプーンのしまい方は、
教室が提唱する方法を、是非、忠実に実践して下さい。(我ながらクドイ。。)


ではでは!気になる改良点!

lunch bag2
先ず、なんといっても!というか全部凄いんですが、


1,ポケットの中が洗えるようになりました。


ボタン式でポケット自体が開閉出来るようになったんですね。
イメージしにくでしょう~!現物を見れば一目瞭然ですよ!

エジソンのお箸も、しまえますネ!


2,袋の開閉がとてもスムーズに!


紐を結くことや右と左の認識のために工夫されていた紐の部分に改良が加えられ、
とってもスムーズに開閉出来るようになりました。

これも、イメージしにくでしょう~!現物を見れば一目瞭然ですよ!


3,袋の口に切れ目が入り、さらに出し入れがしやすく!


その言葉の通り、口の両サイドに切れ目が入りました。

実はあの構造って切れ目を入れようとすると裏地の関係上、
一部的に布の重なりが8枚にもなってしまうんです

そこを今回、うまく克服してくれました!

開発にご協力頂いた子供服と雑貨のお店 3eggsさん
そしてパターンナーのSAISA さん!感謝です。


4,裏地の布が更に可愛くなりました。


見た目が一番変わったかな?

今回の裏地で使っている布は、実はとあるデザナーさんが作っているとの事。
本来、販売目的に使ってはいけない布です。

それを今回の利用目的をきちんと説明し、使用許可を頂きました!
有難うございました!

子供達が使うものです!やっぱり可愛い方がいいですもんね。

もっというと、袋の中は今回は裏地は無しです。

袋の中でテーブルクロスの柄と袋の裏地が同化してしまい、
子供達が探しにくいと言う現場の声。

これも今回改善されました。布自体もそもそも少し強いものに変更です。





子供達が子れをもって、教室に来てくれる日が、今から楽しみです!

>>>コラム一覧はコチラ

PAGETOP